メニューをスキップして本文へ


>

持ち帰り試験

  • 2005年7月22日(金) 09:45 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,856
講義 2005年度前期の持ち帰り試験は以下のとおり実施します。
・提出日、場所:7月23日13時までに教務横の坂田のメールボックスに提出すること
・手書きでもワープロでも構わない。なお手書きの場合は、文字数が分かるように工夫すること
・回答は、レポート用紙、あるいはA4サイズの用紙を用いること
・問題に関する質問は、本記事へのコメント、またはForumの「テストについて」に書き込むこと

以下の問いに回答せよ
〔問1〕次の語句を必要に応じて事例を交えて解説せよ。なお、事例は講義やテキストで示されたもの以外の事例を使うこと。
(それぞれ200字程度)

1)環境問題が発生する経済学的な理由
2)環境価値の経済評価
3)持続可能な社会
4)排出許可証取引制度

〔問2〕ごみ問題について自由に書け(1000字程度以上)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://envecon.ecofirm.com/trackback.php?id=20050722011505195
表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

  • すみません、こちらに書きます。
  • 投稿者:ゲストユーザー on 2005年7月24日(日) 00:19 JST
先ほど、「テスト終了」の記事にコメントを書き込んだ者です。
早速返信くださり、有難うございましたm(_ _)m
またそこに返信しようと思って色々クリックしてみたのですが、家のパソコンからは難しいみたいなので、こちらに返信します。

僕は最後の方慌てて一応解答を全部埋めたのですが、それこそ先生が例に挙げた面白い答案書いた人じゃないけど、色々トンチンカンな答えを書いてる気がします(汗)
けど、点数調整していただけるということで安心しました!

先生おっしゃる通り、授業中は静かでみんな良くノートを取ってましたね。ただ僕もそうですが、先生の板書を写しただけで、後で見返したらよく分からないという人も多かったと思います。

後期に「環境~」と関連すると先生が言われていた「公共経済学」を取っているので、またこちらにおじゃますることがあるかもしれません。では失礼しました。