メニューをスキップして本文へ


>

経歴の自己紹介を久々に更新しました

  • 2009年3月12日(木) 00:15 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,756
おしらせ 以前から文章がよくないなと気になっていた自己紹介を変更しました。
僕の研究の関心と取り組んでいるテーマがより明確になったかなと感じています。
最初に自己紹介を書いたときには、「普通自己紹介ぐらいおくよな」ぐらいの感覚でした。

講演などに行くたびに、この自己紹介が紹介されてしまうので、そのたびにいつかなんとか・・・と思っていたので、ついに一念発起という感じです。

そのほか、業績に3点追加したほか、業績を査読付き論文と書籍の分担執筆を分けました。
今まではたいした点数がなかったので一緒でもよかったのですが、独立させても変じゃないようになってきたので、分離しました。
おそらく、業績評価の観点からは最初からこうすべきなんでしょうね。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

対外活動と業績に3件追加しました

  • 2008年12月24日(水) 05:31 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,759
おしらせ 先日、長野で行った講演を対外活動に、廃棄物学会での報告(2件)を業績に追加しました。
また、委員等についても加古川市の仕事を加えるなど修正しました。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

対外活動に5件追加しました

  • 2008年12月12日(金) 23:50 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,797
おしらせ もうすぐ2008年も終わります。
そろそろ今年を総括したいなと思いつつ、「大学は3月までだから」と毎年どちらを区切りにしようか迷います。

さて、つい登録を忘れるのですが、2008年度の外部活動に今年の講演を追加しました。
11月にやったものが中心です。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

講演と学会報告を追加しました

  • 2008年10月20日(月) 14:26 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,761
おしらせ 2008年の対外的活動に18日にあった講演(川が身近にあるくらし)を追加し、研究業績に4日の学会報告(エネルギーの持続可能性を考慮した経済指標の開発)を掲載しました。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

GNHが出版されました

  • 2008年8月18日(月) 01:14 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,609
おしらせ 坂田も一章担当している、『GNH もうひとつの<豊かさ>へ、10人の提案』が出版されました。

以下のような豪華メンバーが書いている、豊かさとは何かを探求する論考。
講演録なので読みやすいのに、読み応えがあるといういい本です。
大月書店から1800円+税です。

おなじみ辻信一&アンニャ・ライト。
スローフードといえばの島村奈津。
農業を通した生き方を伝える結城登美雄。
人のつながりをみつめる大木昌。
時間学者! 西本郁子。
ラダック・・・ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ。
沖縄から平和を広げるダグラス・ラミス。
旅と言えば、サティシュ・クマール。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

経歴と研究業績を更新しました

  • 2008年4月29日(火) 02:31 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    4,063
おしらせ ようやく、経歴と研究業績を2008年度のものに差し替えました。
数はそんなに多くないものの、あっちをこっちにコピーして、というような作業がけっこうあるので、めんどうですね。
こまめに修正していくことが管理のこつですね。

ついでに、デザインも変更しました。
あまり凝ったものではないのですが、すっきりしているのではないかと思います。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

僕も協力した中小企業の社会的責任経営が出版されました

  • 2008年3月 4日(火) 10:54 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,879
おしらせ 福岡のNPOである、環境マネジメントシステム研究会の出版した「中小企業の社会的責任経営」という本が出版されました。
これは、中小企業のCSRについて、事例調査を行った本です。
九州の企業を中心に、32の企業にヒアリング調査を行っています。

ちなみに僕は、中央電機計器製作所という大阪の会社に調査に行ってきました。
この会社の社長、実は近大経済学部のアドバイザリーボードを務めてくださっている方。取材直前に気付いたのですが、いまさらどうすることもできずに、腹をくくってお邪魔してきました。
すごく情熱のある魅力的な方でした。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

論文が採用されました

  • 2007年10月26日(金) 05:55 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    4,057
おしらせ 今年の前半に書いていた論文、 Estimating educational effects in waste management servicesが、International Journal of
Environment and Waste Management (IJEMW)に採用されました。
もう少ししたら正式な採用通知がくるようです。

この論文は、ごみ減量政策の効果を、価格インセンティブによる効果と教育(啓発)効果に分けて分析したものです。
教育効果は効果自体は大きいけれども、短期的に効果がなくなるのに対して、長期的に影響が薄れない効果もあると考えました。その効果がごみ有料制の徴収額によって大きさが異なるとすれば、それを価格インセンティブによる効果と考えることができるだろうというのが、論文の仮説です。

分析の結果、仮説を検証することができました。
本当はパネルデータでやりたかったのですが、データの制約でパネルデータにはできませんでしたが、クロスセクションデータで同じことが示せたので、むしろこれでよいと考えています。

続きを読む (120 ワード)

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

経歴のページに担当科目を追加しました

  • 2007年4月21日(土) 13:46 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    4,958
おしらせ 今までどんな科目を担当したのか確認してみたくなって、思い出せる範囲で書き出してみました。
似た科目もあるのですが、名前が違う科目だけでなんと18科目。
結構いろいろやっているものですね。

ときどきは、ミクロ、エコノメ、公共経済学も担当したい気もします。

http://envecon.ecofirm.com/staticpages/index.php?page=20050512213800419

沖縄、北海道、信州、あるいは海外とかで集中講義の依頼があれば行ってみたいところです。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

「ごみ問題と循環型社会」出版!

  • 2007年3月25日(日) 23:40 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    5,314
おしらせ 坂田の論文を集めた研究書「ごみ問題と循環型社会」(晃洋書房)が出版されることになりました。
4月初頭には店頭に並ぶのではないかと思います。
この本は僕の博士学位論文をベースに記述の精査をおこなったものです。
ごみ問題研究の参考になればうれしいです。

「ごみの環境経済学」は教科書でしたが、本書は研究書ですので、少し難しいかもしれませんが、がんばれば何とか読みこなせるのではないかと思います。
もし、ごみ問題研究に関心があれば手に取ってみてください。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ
最初 | 前へ | 1 2 3 4 5 | 次へ | 最後