メニューをスキップして本文へ


>

ようやく採点完了

  • 2006年8月15日(火) 07:17 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,462
講義 今年前期の受講者は、環境経済学200名に国際社会システム論(文芸学部)300名であわせて500名もいた。
そのため、採点にずいぶん時間がかかったがようやく完了した。
だいたい合格率は受験者の7割から8割程度。

不合格になってしまった人は、残念ながら追試などはないので来年がんばって受講してもらいたい。
不合格が覆るのは、受験したけど受験扱いになっていなかった場合だけなので注意するように。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

環境経済学のテスト採点中

  • 2006年7月20日(木) 06:08 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,438
講義 まだほとんど手をつけていませんが、10人ぐらい見た感想。

ほんとうに単位あげなければいけませんか?

ヤマが外れたのだと思うけど、いったいどこにヤマを張っていたのだろうと思いたくなる状況です。
少々困っています。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

環境経済学のレポート

  • 2006年6月 6日(火) 22:20 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,996
講義 環境経済学のレポートの受付は終了しました.
ただいま評価中です。

なお、レポートを提出していない人はテストの受験資格がないことをお忘れなく。

また、レポートを提出した人で、残念ながらテストを受験しても単位取得見込みがない人もいます。これでは、テスト勉強してもらうのが、申し訳ない気もします。
場合によっては、木曜日とテスト当日、これらの人を公表するかもしれません。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

環境経済学小テスト

  • 2006年5月20日(土) 15:59 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,475
講義 本日の授業で小テストを実施しました。
10点満点で採点します。

なお、最終的な評価への加点の方法については未定です。
(テスト100点+小テストの点数とするか、テスト90点+小テストの点数とするか、など方法はいろいろあります)
講義では今後も随時小テストを実施する予定ですので、最後のテストで単位を取る自信のない方は出席しておくようにしてください。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

前期環境経済学講義日程

  • 2006年4月 5日(水) 15:09 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,627
講義 以下の場所に、講義日程を公開しました。
今年は、土曜1限があるのが大変ですが、出来るだけ出席してがんばってください。

土曜日早起きして、授業のあと遊びに行くぐらいの気持ちがいいですね。

http://envecon.ecofirm.com/staticpages/index.php?page=20050411112121232

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

新学期が始まりました

  • 2006年4月 3日(月) 15:04 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,664
講義 今年、近大の講義は4月6日から始まります。
8月1日から夏休み、後期は9月16日かららしいです。

今年1年よろしくお願いします。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

環境経済学試験について

  • 2006年1月17日(火) 14:39 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    4,121
講義 試験は60分で、持ち込みはテキスト(ごみの環境経済学)と自筆ノートのみ持ち込み可です。
日時は1月20日2限です。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

後期社会調査論について

  • 2005年10月 7日(金) 12:52 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    3,493
講義 社会調査論についても、こちらでサポートいたします。
現在メーリングリストも開設しましたので、坂田にメールアドレスを連絡して下さい。
掲示板は、http://www.ecofirm.com/hiki/?KCR
に設置しました。
携帯からでも読み書きできると思います。

なお、この講義は出席必須ですのでご注意ください。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

採点終了

  • 2005年8月 3日(水) 15:16 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザー
  • 表示回数
    3,484
講義 ようやく採点も終了しました。
合格率は75%でした。まあまあというところでしょうか。

全体としては、記述部分の出来が悪かったです。
単なる教科書の丸写し以上のものを期待していましたが、ほとんどが定義の丸写しでした。

要望があれば、採点ポイントなども公開します。

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ

テスト終了

  • 2005年7月23日(土) 13:00 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザー
  • 表示回数
    3,752
講義 ようやく方式を2つに分けたテストが終了しました。
ざっと眺めてみたところ、同じような記述式でも持ち帰り試験のほうが良くできているように見えます。
やはり時間がたっぷりあるほうがやりやすいのかもしれません。

受験者数は、時間内の試験が150名、持ち帰り試験が70名でした。受講者数が229名なので、欠席は9名だけです。

後期以降の試験方法についてはまだ未定ですが、受講者数も鹿児島時代並みになりそうですので、いろいろなものを試してみようかと思います。

テスト形式や講義形式に関するご意見、ご感想があれば、いつでも歓迎いたします。

おまけ(○をあげたかったけど、さすがにできませんでした)

有料制の一例として、(  )に(   )を上乗せするものがある。
回答:(弁当)に(ラップ)を・・・

持ち帰り試験→お持ち帰り試験

  • 記事を友だちにメール
  • 印刷用ページ
最初 | 前へ | 1 2 3 4 5 | 次へ | 最後