メニューをスキップして本文へ


その他の業績

その他の業績

論文等の業績へのリンク

その他(講演など)

  1. 「環境と幸福の経済学〜食べ物再考」『環境に優しい豊かな暮らしスローな食風土』大阪市環境局、2015年1月28日
  2. 「まちを元気にする人財活用戦略」コーディネーター、第105回e-ZUKAトライバレー産学官交流研究会、福岡中小企業経営者協会、2015年1月26日
  3. 「地球温暖化について」正食協会主催師範科合同講義、2008年3月30日、大阪商工会議所(大阪市中央区)
  4. 「ストップ!温暖化をデザインする(知って得するエコカフェ)」なにわエコ会議、2008年3月19日、大阪市生涯学習センター(大阪市)
  5. 「百年後の生活が想像できますか?〜持続可能性を考える」NPO法人「こえとことばとこころの部屋」、2008年3月20日、ココルーム(大阪市天王寺区)
  6. 「理想のまちづくりとは・・・」上勝町主催、2007年9月7日、福原ふれあいセンター(徳島県上勝町)
  7. 「環境問題と日常生活」むすび 575号、2007年8月号pp. 60-65、正食協会(2007年3月25日講演分の講演録)
  8. 「スローな情報発信を考えよう!」スピーカー、ゆっくり堂主催、2007年7月16日、(東京都府中市、カフェスロー)(辻信一氏、中村隆市氏、吉岡淳氏とのディスカッション)
  9. 「豊かさと環境問題〜経済成長神話を超えて」、明治学院大学公開講座、2007年6月16日(横浜市)
  10. 「ごみからみた経済学」、近畿大学高大連携事業(近畿大学付属高等学校)、2007年6月14日(東大阪市)
  11. ラブアースゲストスピーカー、
  12. 環境自治体会議うちこ会議第14分科会(地球温暖化と市民の役割)コーディネータ、環境自治体会議2007年5月24日(愛媛県内子町)
  13. 「環境問題と日常生活」、正食協会師範科合同講義、2007年3月25日
  14. 「ソーシャル・アントレプレナー・シンポジウム」コーディネータ(ゲスト:赤池学氏、中村隆市氏、永井宗太氏、長田有弘氏)、兵庫県商工会議所青年部、2007年2月25日(兵庫県三木市)
  15. 「糸田川フォーラム 川から始まるふるさとづくり」コーディネータ(ゲスト:中村英雄氏、ぎのりえ)、モモの家、2007年2月3日(大阪府吹田市)
  16. 「地球温暖化をめぐる国際情勢」、兵庫県シニアカレッジ、2007年2月13日
  17. 「ごみ処理政策の評価」、高槻市ごみ問題研究会、2007年1月23日
  18. 「ごみ減量のための啓発と政策について」、高槻市職員研修、2006年11月21日
  19. 「スローライフの経済的意味」、近畿大学公開講座、2006年10月7日
  20. 「持続可能な生き方と経済の実現可能性」、大阪私学中学・高等学校理科教育研究会、2006年2月28日
  21. 「スローライフとエコノミー(1~8回)」、連続勉強会、2006年2月から5月、空堀土庭
  22. 「ごみ排出行動と処理料金の計量分析」(討論者)、日本経済学会春季大会、日本経済学会、2003年6月14日
  23. 環境自治体会議屋久島会議『第10分科会「動き出す自治体エネルギー政策」』コーディネーター、2003年5月、上屋久町・屋久町
  24. 「屋久島における経済循環・活性化システムの分析と提案」、文部科学技術省科学技術振興調整費「循環型社会システムの屋久島モデルの構築」成果報告会、2003年1月、鹿児島市
  25. 鹿児島大学「新しい鹿児島学の創造」シンポジウム「21世紀は環境の世紀なのか」、報告及び、シンポジウムコーディネーター、2003年1月、鹿児島市
  26. 日本環境学会 第28回研究発表会、座長、2002年6月、大阪市立大学
  27. 「循環型社会に向けたコラボレーション」、(パネルディスカッションコーディネーター)、2001年12月、鹿児島市
  28. 「地域の未来と自然エネルギーの可能性」(パネルディスカッション)、鹿児島市、2001年7月(九州電力「環境とエネルギーを考えるシンポジウム」)
  29. 「知っておきたい環境問題」、鹿児島市、2001年6月(鹿児島市消費生活センター「消費生活研究会」)
  30. 「COP6part2で何が議論されるか」、大阪市、2001年4月(CASA「CASA連続学集会」)
  31. 「地球温暖化の現状と対策~条約交渉の現状~」、鹿児島県出水市、2001年3月(出水市民講座)
  32. 「地球温暖化の現状と対策」、鹿児島市、2001年3月(気候ネットワーク、地球環境フォーラム鹿児島「環境の世紀へ変えよう!キャンペーン~COP6パート2に向けて」)
  33. 「住民の立場から見たごみ処理政策」、鹿児島市、2000年11月((財)全国市有物件災害共済会九州支部「破砕処理施設事故防止対策セミナー」)
  34. 「循環型社会の構築に向けて」、鹿児島市、2000年7月(鹿児島県商工会連合会異業種交流事業)
  35. 「21世紀の鹿児島の環境問題」、鹿児島市、2000年6月(国際経済学会関西支部総会)
  36. 「地球温暖化を解決するための第一歩」、鹿児島市、2000年4月、(再生可能エネルギー推進市民フォーラム西日本「2000年度太陽光発電システム設置費用補助事業(学習&説明会)」)

その他(フィールドワークなど)

  1. 2011年9月〜2013年3月にかけて、タイ国チェンマイ、チェンライを3回訪問して、手工芸品のフェアトレードについて調査(各1週間)
  2. 米国カリフォルニア州における循環型社会にむけた取組状況調査、2003年3月、カリフォルニア州立フンボルト大学、Arcata(米国カリフォルニア州)
  3. 「セヴァン・ツアー」鹿児島事務局、2002年11月、鹿児島市
  4. 鹿児島市におけるごみ問題に関する意識調査、2002年9月、鹿児島市
  5. 環境と開発に関する国連会議(WSSD)2002年8月、ヨハネスブルグ(南アフリカ)
  6. 気候変動枠組条約第6回締約国会議(COP6 Part2)、2001年7月、ボン(ドイツ)
  7. 鹿児島県下自治体に対するごみ袋・有料化の現状に関する実態調査、2001年3月、鹿児島県
  8. 気候変動枠組条約第6回締約国会議(COP6)、2000年11月、ハーグ(オランダ)
  9. 気候変動枠組条約第13回補助機関会合(SB13)、2000年9月、リヨン(フランス)
  10. 大阪府下全自治体に対するごみ問題に関するヒアリング調査、1998年10月
  11. 大阪府池田市における住民のごみ問題に対する意識調査(アンケート調査)、1998年 9月
  12. とよなか市民会議2020委員、大阪府豊中市、1998年
  13. フィリピン・ビサヤ植林フォーラム3(フィリピンにおける植林活動)、1996年
  14. 気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3、京都会議)、1997年12月、京都

その他(社会活動など)

  1. 「源 雨水を利用する」なちゅらる、2013年7月号、大阪市立環境学習センター(pdf)
  2. Geeklog Japanese『無償CMS Geeklog導入ガイド』技術評論社、2007年(執筆メンバーの一人として参加)
  3. 「無償CMS Geeklogを使ってみよう!〜グローバル設計とハイセキュリティ……今駒哲子」、Software Design、2006年3月号、技術評論社(坂田が日本語化を担当しているツールが紹介)
  4. 「環境問題の歩き方」(連載)、むすび、正食協会、2006年1月号〜12月号(月刊)
  5. 「関西通信 Vol.12:研究状況の報告」特定非営利法人 環境マネジメントシステム研究会、会報、2005年12月
  6. 「関西通信 Vol.11: マクロビオティック」特定非営利法人 環境マネジメントシステム研究会、会報、2005年11月
  7. 「関西通信 Vol.10:デンマークメモ 」特定非営利法人 環境マネジメントシステム研究会、会報、2005年10月
  8. 「関西通信 Vol.9: たべものと健康」特定非営利法人 環境マネジメントシステム研究会、会報、2005年9月
  9. 「関西通信 Vol.8:キャンドルナイト@大阪レポート 」特定非営利法人 環境マネジメントシステム研究会、会報、2005年8月
  10. 「関西通信 Vol.7: 環境運動の新しい流れ」特定非営利法人 環境マネジメントシステム研究会、会報、2005年7月
  11. 「関西通信 Vol.6: スロービジネスの役割」特定非営利法人 環境マネジメントシステム研究会、会報、2005年6月
  12. 「関西通信 Vol.5:与論島視察記録」特定非営利法人 環境マネジメントシステム研究会、会報、2005年5月
  13. 「関西通信 Vol.4:イタリア視察記録」特定非営利法人 環境マネジメントシステム研究会、会報、2005年4月
  14. 「関西通信 Vol.3:素直にうれしい京都議定書発効」特定非営利法人 環境マネジメントシステム研究会、会報、2005年3月
  15. 「関西通信 Vol.2:場と縁の継承・再生国際会議参加記録」特定非営利法人 環境マネジメントシステム研究会、会報、2005年2月
  16. 「関西通信 Vol.1:ゼロウェイストという処方箋」特定非営利法人 環境マネジメントシステム研究会、会報、2005年1月
  17. 「京都議定書の運用ルール-ボン合意・マラケシュ合意の分析-」、特定非営利法人 地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(II-A 共同実施について執筆)
  18. 「大阪府池田市細河地域活性化構想」、大阪府池田市の委託により『(株)国際技術コンサルタント』の客員研究員として政策提案・執筆、1998年3月
  19. 「補論1 森林部門」『CO2排出削減戦略の提言~Progress Report (Phase I)~』、気候変動防止戦略研究会、1997年
  20. 簡単ホームページ作成ソフトEasyPage:『初歩の初歩ウィンドウズでインターネット講座』学校法人NHK学園、1997年、「第6 章自分のホームページを作成してみましょう」の教材として採用(その他、自作ソフトウェアについては、雑誌掲載多数につき、省略。)

メディアへの掲載(取材記事等)

  1. 「なちゅらる(No.178)、大阪市立環境学習センター、2008年2月号
  2. 「なちゅらる(No.177)、大阪市立環境学習センター、2008年1月号
  3. 「ていねいに暮す、スローワークという生き方。」なちゅらる(No.173)、大阪市立環境学習センター、2007年9月号
  4. 「卒業生近況:学問への思いを胸に、自然体で生きる環境経済学者」OSIPP Newsletter(42)、大阪大学大学院国際公共政策研究科、2007年
  5. 「スローライフを暮らしの中に」いずみ(336)、大阪いずみ市民生活協同組合、2007年7・8月号
  6. 2006年:朝日新聞、ごみ屋敷の記事
  7. 2001年頃:しんぶん赤旗に取材。環境系でがんばる研究者として温暖化関連の記事に掲載
  8. 1998年頃:日本経済新聞に取材。夕刊一面に掲載

最終更新日:: 2015年2月 4日(水) 11:23 JST|表示回数: 7,282 印刷用ページ